荷造りのポイント

主要なお荷物ごとに、荷造りのポイント、ご注意いただきたいことをご案内します。詳しくはお見積り時、お引越し時にご相談ください。

品目別の荷造りのポイント

食器類
食器類は振動に弱いので新聞紙や“しらうす紙”で包み、隙間ができないように縦に並べて箱詰めしてください。さらに出来た隙間は、くしゃくしゃにした新聞紙などで、埋めます。エアーキャップもおすすめします。
ダンボールの表には必ず「ワレモノ」と分かりやすく全面に表記しておきましょう。
※特に高価なものや繊細なものの場合は、別途ご相談ください。
調味料・ビン類
しっかり栓を締めてからポリ袋に入れ、立てた状態で箱詰めします。
当日は中身が分かるように、ダンボールのフタは開けたままにしておきます。
※液体洗剤なども同様に立てた状態で箱詰めしましょう。
人形ケース、飾り物
中身を柔らかい紙で包み、新聞紙などを周りに詰めて固定します。繊細な飾り物は柔らかい紙で“こより”を作り、巻き付けて包みます。新聞紙のインクの汚れに注意。
ふとん
ふとん袋や不要なシーツなどで包んでおきます。ふとん袋は積み重ねたふとんの上から被せるとうまく納める事ができます。
【ご注意下さい!】
中にガラス等のこわれものは入れないで下さい。
家電製品
購入時の箱がある場合はそちらをご利用ください。ない場合、コードやリモコン等の付属品はまとめておき、梱包はスタッフにおまかせください。
※テレビのAV端子など、配線が必要なものは、外す前にカラーテープで目印を付けておくと便利です。
衣類
ハンガーで吊るしてある衣類は、ハンガーBOXをご利用ください。
当日お持ちいたしますので、お申し付けください。
高価な和服は、専用の着物ケースが安全です。
着物専用ダンボールもご利用いただけますので、お気軽にご相談ください!
書籍類
書籍の梱包には必ず、小さなダンボール(Mサイズ)をご利用ください。
重くなると底が抜けるおそれがありますので、長めのテープをクロスに貼って補強してください。
大きな本はダンボールに入れず、まとめて包装し、ヒモでしっかりと縛っておきます。
植木鉢・観葉植物
鉢は新聞紙で包み、花や枝を守れる高さのダンボールへ入れておきます。
大型のものや入らないものはスタッフにご相談ください。
※冬期や寒冷地への移動や長距離の移動では、残念ながら枯れてしまう場合もあります。十分ご注意ください。
不用品
お引越先の間取りも考えて、不用品はこの機会に整理するのがポイントです。
ダックの不用品引取サービス(有料)もご利用いただけますのでご相談下さい。
石油・ストーブ
灯油は完全に抜き取ってください。
空焚きをして使い切ってしまうことをおすすめします。
※灯油やガスボンベなど、引火性の高い危険物はお運びできません。
あらかじめご了承の上、お客様にてお願いします。お客様にてお運びの際は、灯油タンクはしっかり栓をして、ビニール袋に入れておきましょう。
MENU